富士市 合宿受け入れ断念の理由は感染リスク…飛び込みW杯スイス代表「とても残念」

2021年03月30日(火)

地域

4月都内で開かれる飛び込みの国際大会を前に、富士市はスイスチームの事前合宿を受け入れる予定でしたが、30日までに中止することを決めました。

富士市は4月7日から県富士水泳場で飛び込みのワールドカップに向けたスイスチームの事前合宿を受け入れる予定でした。

しかし、2021年に入り首都圏で緊急事態宣言が出されたことなどから、国や水泳連盟と検討を進めてきましたが、感染リスクを考慮した結果、30日までにスイスチームの受け入れを断念することを決めました。

富士市スポーツ振興課 市川洋介さん「中止ということでとても残念ではあったんですけど、関係機関といろいろと協議を重ねた結果、コロナ禍で事前合宿を受け入れることは難しいと中止することになった」

スイスチームは都内で開かれる大会には出場する予定で、事前合宿の受け入れ中止については、「とても残念がっている」ということです。

富士市は、東京オリンピックではスイス水泳チームの事前合宿を受け入れる予定で、市の担当者は「スイスチームと市民が安心できる準備をしたい」と話しています。

県内では東京オリンピックの事前合宿について、16の市と町で13の国と地域から受け入れる予定です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ