新型コロナ・静岡県内の新規感染者19人 変異ウィルスの疑いも判明

2021年03月30日(火)

地域

静岡県内では30日 新型コロナの新規感染者が19人確認されました。

また変異ウイルスの疑いがある検体が判明し、県が感染経路を調べています。

静岡市では新規感染者が5人確認され、直近1週間では64人と前の週と比べ2.46倍になっています。

接待を伴う飲食店でクラスターが発生した藤枝市ではあらたに7人が陽性と判明したほか、川根本町でも初めて感染者が確認されました。

また県は県の変異株PCR検査で1検体が変異株の疑いとなり、国でゲノム解析を行う予定です。

県疾病対策課 後藤幹生課長「最も大事なことは県内で変異株の感染をうけたのか(どうか)、いま県外との交流もかなり盛んな時期となっています」

そのうえ第4波といわれている地域では特に大人数での会食の場で感染が広がっているとして、あらためて感染対策の徹底を呼び掛けています。

県内では30日、藤枝市で7人、静岡市で5人など、19人の新規感染者が確認されたほか3人の死亡が発表されています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ