新東名ICに専用駐車場完成 全長20メートル超…連結トラックの課題解決 静岡・浜松市

2021年04月01日(木)

地域

ドライバー不足や配送の効率化のため全国で運送会社が導入しているダブル連結トラック。

ただ全長20メートルを超すため、問題は駐車スペースの確保です。

新東名でこの問題を解決する実証実験が始まりました。

北区にある新東名・浜松いなさインターチェンジの隣に完成した駐車場。

やってきたのは・・

原崎瞳記者「大型トラック2台分、全長は20メートルを超えるダブル連結トラックです」

ダブル連結トラックは、ドライバー不足の解消や配送の効率化のため、全国の運送会社7社が33台導入していますが、駐車スペースの確保が課題でした。

こちらの駐車場には30台分のスペースがあり、3時間前までにインターネットで予約する仕組みです。

中日本高速道路浜松保全・サービスセンター 山本隆所長「(浜松が)東京と大阪のちょうど中間地点になるんですね。物流会社からもこの浜松のエリアで休憩したいとニーズがありました」

ヤマト運輸大型ドライバー 各務功一郎さん「今まではダブル連結トラックをとめて休憩することがなかなかできなかったので、非常に助かる」

県内にはすでに72台分の連結トラック駐車スペースがあります。

しかし、専用ではないため普通のトラックが先にとめていて、連結トラックが思うようにとめられなかったということです。

専用駐車場には洗髪用や歯磨き用の洗面台も用意されていて、ドライバーが快適に過ごせるようになっています。

当面の間、駐車は無料で、ネクスコ中日本は実証実験を踏まえ、今後の運用を検討するということです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ