浜松“誘拐”事件 中学生の両親がコメント「いじめで不登校に」事件との関連は?

2021年04月02日(金)

事件・事故地域

3月、浜松市天竜区のキャンプ場で女子中学生が遺体で見つかった事件で、2日、両親がコメントを発表し、中学生が学校でいじめを受け不登校になっていたことを明らかにしました。

両親の代理人・鈴木重治弁護士「私たちが娘の死を通じて訴えたいことはただ1つ、何故いじめを受けた側がここまで苦しまなければならなかったのかという点です」

2日両親が公開した女子中学生の写真。

写っているのは静岡大学附属浜松中学校に通っていた匂坂絢乃さんです。

絢乃さんは3月浜松市天竜区のキャンプ場のテントで遺体で見つかり、当時一緒にいた福岡市の無職・入江大容疑者が絢乃さんを誘拐した疑いで逮捕・送検されました。

入江容疑者の供述やテントに練炭があったことなどから、警察は入江容疑者が絢乃さんを巻き込んで自殺を図ったとみて調べています。

そして2日両親のコメントが発表され、中学校でいじめを受け不登校になっていたことを明らかにしました。

ー両親のコメントー

「希望を持って中学生としての生活を始めたものの、わずか数カ月で登校できない状況となってしまいました。原因はいじめです。」

両親によりますと、絢乃さんは心的外傷後ストレス障害「PTSD」と診断され、修学旅行など一部の課外活動には参加したものの、なかなか登校できなかったといいます。

原崎瞳記者 「いじめを調査するため第三者委員会が設置されましたが、遺族の納得のいく報告ではありませんでした」

第三者委員会はおととし2月に設置され、9回開催されました。

おととし11月に出された報告書では、いじめの事実は認めたものの絢乃さんの心の弱さに言及していたということです。

中学校を運営する静岡大学は、「現時点でコメントはいたしかねる。後日文書で発表します」とコメントしています。

絢乃さんの両親はいじめを公表した理由について、「いじめ問題をきっかけに、辛い思いをする子供、家族が少しでも減ることが絢乃の弔いになると考えています」とコメントしています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ