ポンプ場の“消防の同意”…静岡市が「同意済と誤認」と謝罪

2021年04月02日(金)

地域

静岡市が台風による浸水被害を防ぐため、7年前から建設を進めている高橋雨水ポンプ場。

ここでは重油4万リットルを扱う予定のため、危険物許可施設として着工には消防の同意が必要でしたが、市は確認していませんでした。

市は2日、内部調査の結果を報告し、着工前に出された別の確認済証をもって消防にも同意されたと誤認したと謝罪しました。

市は許可を受けるため、防火性能のある壁を作るなど3000万円から4000万円かけて追加工事を予定していて、完成時期は7カ月遅れる見通しです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ