【新型コロナ】浜松・高齢者施設で新たなクラスター 8人感染確認

2021年04月03日(土)

地域

浜松市の高齢者施設で8人が新型コロナウイルス陽性となり、市はクラスターが発生したと発表しました。

【施設概要】
中区富塚町「佐鳴湖畔ケアホーム」
小規模多機能型居宅介護サービス
利用者22人(宿泊5人 通い12人 訪問5人)
従業員30人

3月26日に利用者1人が発熱し、新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。この利用者と接触があった利用者14人と従業員29人を調べ、27日従業員1人が陽性となりましたが、それ以外は陰性でした。

2回目の検査は4月5日に行う予定でしたが、陰性だった利用者が発熱し陽性となったため、2日に従業員27人と宿泊利用者3人、通いの利用者4人を検査したところ、合わせて5人が陽性となりました。

【感染者内訳】
従業員 3人
利用者 5人(宿泊)
全員軽症(発熱や倦怠感など)

浜松市介護保険課によると、佐鳴湖畔ケアホームは2階に6部屋の個室があり、1階は機能訓練などを行う広間があります。介護度が比較的軽い高齢者が利用しており、自宅に帰ったり外出したり、外部との行き来があったということです。

施設内での感染対策は、高齢者がたまにマスクを外すことはあっても、消毒や換気など基本的な予防策は行っていました。感染経路はわかっていません。

感染した高齢者5人は入院し、施設はサービスを16日まで停止します。

浜松市で発生したクラスターはこれが16例目で、高齢者施設としては4例目となりました。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ