「おしん」などの脚本家 橋田壽賀子さん死去 拠点構える熱海市から悼む声

2021年04月06日(火)

地域

ドラマ「おしん」や「渡る世間は鬼ばかり」などで知られる脚本家橋田壽賀子さんが4日、熱海市の自宅で亡くなりました。

95歳でした。

地元では悼む声が聞かれました。

数々の名作ドラマを生み出してきた脚本家橋田壽賀子さん。

急性リンパ腫をわずらい、4日午前9時すぎ熱海市の自宅で息を引き取りました。

95歳でした。

橋田さんは40年以上前から熱海市を拠点に執筆活動などをしていて、熱海郵便局の1日局長を務めたこともありました。

地元の人「突然でびっくりしましたけど」

橋田さんが通っていたジムのトレーナー「先生の家族の話ですとか、私が家族に思っていることとか相談をしたり、それについて助言をいただいたりという内容がすごく心に残っていますね」

今月10日には、熱海市から名誉市民の称号が授与される予定でした。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ