アナフィラキシーへの対応は?高齢者のワクチン接種へ 医師対象の研修会 静岡・磐田市

2021年04月08日(木)

地域

こうした中、磐田市では昨夜、ワクチン接種に従事する医師を対象とした研修会が開かれました。

ワクチンで心配されるのが副反応で、特に意識障害などを引き起こすアナフィラキシーへの対応が求められます。

磐田市医師会 北原大文会長「何よりやらなくてはいけないのがアドレナリン注射を0.3グラム大腿部、肩ではなくて大腿部に打つことになります。そして、救急車を呼びます。最低でもここだけはやってください。」

研修会では、症状の進行を緩和する注射器についても説明があり、医師たちが練習キットを手にして、取り扱い方法を確認していました。

参加した産業医(Qエピペンに触れることは?)「めったにない。特に産業医は診療が主ではないので。良い機会だと思う。生かしていきたい。」

磐田市医師会 北原大文会長「実際に触ると違うので会場に用意してもらい、みんな触って帰っていったので非常に有意義だった。」

磐田市では来月の連休明け以降に、高齢者を対象にワクチン接種を開始する予定です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ