前職は臨床工学技士やプログラマー…特産「海老芋」“担い手”育成をサポート 静岡・磐田市

2021年04月12日(月)

地域

静岡県磐田市が日本一の生産量を誇る「海老芋」。

市は昨年度、研修生が給付金を受けながら生産者から直接学ぶ担い手の育成事業を始めていて、今年度は前職が臨床工学技師とプログラマーだった2人が研修を受けます。

海老芋の生産者はここ15年で100人ほどと半減しており、渡部修市長から期待の言葉を掛けられると、「技術だけでなく文化や伝統も引き継いで行けたら」と抱負を語りました。

研修は16日から1年間行われます。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ