静岡でも高齢者のワクチン接種へ 高齢者施設の職員から開始 浜松市

2021年04月12日(月)

地域

全国で高齢者のワクチン接種が12日から始まりました。

静岡県内にも浜松市の高齢者施設にワクチンが届きましたが、接種したのはまず職員です。

午前9時すぎ、浜松市保健所の超低温冷凍庫から出され車に積まれたのはクーラーボックスに入ったワクチン。

「お預かりします」

「お願いします」

車で約20分。

西区の高齢者施設・西山病院に届けられました。

「きょう全部で106(バイアル)ですね」

「はい」

ワクチンは冷蔵庫に移され2度から8度で保管。

解凍されたワクチンは12日から5日間有効です。

西山ウエルケア・小出幸夫施設長「(高齢者は)重症化率、死亡率が高いので、このワクチンでそれが防げるといいなと思っています」

ただ12日接種を受けたのは医師や看護師、介護スタッフなどの職員93人。

外部との接触がある職員がまず感染しないようにするためで、入所者は19日から接種します。

管理栄養士 「自分たちの行動も感染源になりうるので。介護の現場で徐々にワクチンが打てるようになったので、とても良いことだと思っています」

入所者の95パーセントが接種を希望していると言うことで、施設は現在予診票を記入し、本人や家族に同意書をとる手続きを進めています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ