静岡・リニア JRが流域市町に回答「理解と協力が前提」要望を受け入れ

2021年04月16日(金)

地域

リニア工事をめぐり静岡県の大井川流域の市長・町長が住民の理解を得るまで工事を始めないよう求める要望について、JR東海は受け入れる回答を出したことが分かりました。

大井川流域の8市2町は3月、住民の理解なく着工しないことや水資源や自然環境の保護などを要望する文書をJR東海に渡していました。

要望に対しJRは「トンネル掘削工事着工には流域市町の理解と協力をもらうことが前提」とする回答書を15日島田市に提出したということです。

また、JRと流域の市町の窓口は現在県に一本化されていますが、国の有識者会議の内容などを踏まえ、今後適切な段階で直接説明する機会を得たいとの考えも盛り込まれています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ