「困った時には遠慮なく受診を」最新の放射線医療機器を導入 島田市立総合医療センター完成

2021年04月17日(土)

地域

市立島田市民病院の老朽化に伴い建設が進められてきた、島田市立総合医療センターが完成し、17日公開されました。

島田市立総合医療センターは2018年から総事業費207億円をかけて建設が進められ、2021年1月完成しました。

17日の記念式典には、病院や市の職員など26人が集まり、新病院の完成を祝いました。

この医療センターには最新の放射線治療機器「ハルシオン」が静岡県内で初めて導入されたほか、島田市民病院にはなかった救急患者用のヘリポートが設置され、山間地医療の充実が期待されています。

島田市立総合医療センター・和田英俊院長「皆様に信頼される医療を提供できるよう目指して参りますので、皆さま困った時には遠慮なく受診して頂けたらと思います」

島田市立総合医療センターは5月2日に開院し、新型コロナ患者の受け入れも継続するということです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ