静岡・修善寺温泉で「湯汲み式」 今年も練り歩きなく新型コロナ終息を祈願

2021年04月21日(水)

地域話題

静岡県伊豆市の修善寺温泉で恒例の「湯汲み式」です。

修善寺温泉は、弘法大師が独鈷と呼ばれる仏具で岩を砕き温泉を湧き出させたのが始まりと伝えられています。

今年は去年に引き続き行列の練り歩きはおこなわず、旅館の女将など5人が参加して「独鈷の湯」を汲み、新型コロナウイルスの終息を願いました。

修善寺温泉旅館協同組合・森孝夫理事長 「はやく通常の状況に戻っていただければなというのが、もうそれだけが願いです」

汲んだ湯は、寺で祈祷したあと旅館や共同浴場の湯船に注がれたということです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ