全日本まくら投げ大会 懐かしのゲームキャラ「くにおくん」の動画作成でPR 静岡・伊東市

2021年04月28日(水)

地域話題

静岡県伊東市発祥の競技「全日本まくら投げ大会」は今年、新型コロナの感染拡大で中止となりました。

そこで伊東市はなつかしの人気ゲームのキャラクターとコラボして、競技ルールを説明する動画を作りました。

伊東市で毎年2月に行われている全日本まくら投げ大会。

伊東市で生まれたこの温泉地らしいスポーツに、毎年全国のチームがこぞって参加していましたが、今年は感染拡大のため中止でした。

そこで登場したのがこのキャラクター。

1986年に誕生した人気ゲーム「熱血硬派くにおくん」です。

シリーズのうち「熱血高校ドッジーボール部」をまくら投げのようにアレンジし、競技ルールを説明する動画を伊東市が作成。

当時のままの画像や音がファミコン世代の心をくすぐりますが、なぜ「くにおくん」だったのでしょうか。

伊東市観光課・上原和也課長補佐 「相談させていただいていた事業者やクリエーターが、『くにおくん』を一番やりこんでいた世代のど真ん中だったところもありまして。『くにおくん』のファンでSNSのアカウントを持っている方の間ではかなり好評をいただいております」

伊東市は元フェアリージャパンの畠山愛理さんを起用したPR動画も作成していて、コロナ後に観光客を呼び戻すきっかけにしたいと話していました。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ