「ご近所テレビ」として
静岡を盛り上げる!

写真:土屋純一

事業局事業部土屋純一

部署の紹介

【達成感!】

事業局は、主に『イベント』を行う部署です。
スポーツ、演劇、展示会、コンサート、食フェスなど、様々なイベントを企画・運営し、来場者の皆様に、楽しいと思ってもらえるイベントを届けるのが主な仕事です。

広い視点でイベントをプロデュースしながら細かい視点で一つ一つの要素を組み立てていくので、当日までは調整、調整・・・の連続ですが、イベントに来られた方が満足そうに帰っていく姿を直に感じることができるので、達成感に満ち溢れた部署です。
また、イベント以外にも、テレしずに関するグッズの企画・管理や、番組・映画・テレビショッピング等に付随する企画なども行っており、アイデア次第で何でもできる部署でもあります。

tsuchiyaimg1.jpg

仕事内容(1)

【事業局の仕事!】

◆立案
どういうイベントをいつどこでやりたいのか、自分の好きな視点でマーケティングします。

◆組立
実施が決まったら、積み木のように一つ一つ組み立てる作業の開始です。
会場をどういうレイアウトにするのか、チケットはどう販売するのか、どうやって広報していくのか、スタッフの人数はどれだけ必要か、収支はどれぐらいになりそうかなど、とにかく調整→交渉→調整→交渉・・・の連続です。
事業局の仕事は「仕込み8割、当日2割」と言われているぐらい、イベントまでのウェイトが大きいのが特徴です。
後はひたすら(晴れろ~晴れろ~)と無事開催できることを祈り続けます。

◆運営・総括
無事イベント本番を迎えたら運営側として当日の対応にあたります。
お客様対応や予期せぬトラブル対応など、色々なことを想定して臨んでも必ず何かが起きるので常に緊張感を持って対応します。
無事イベントが終わればその総括をして、次のイベントに活かしていきます。

tsuchiyaimg2.jpg

仕事内容(2)

【やりがいがあった仕事!】

2020年のイベント業界は世界的にとても苦しい状況で、テレしず事業局も例外ではありませんでした。
ほとんどのイベントが中止・延期となり、先が見えない中、手探りで構築した「ただいま!テレビ」オンライン謎解きゲーム『帰れないテレビ局からの脱出』は忘れられないイベントです。

企画会社の協力の下実施した、テレビ静岡としては初めてのオンラインイベントで、県内だけではなく北海道から沖縄まで県外の方からも多く御参加頂き、アンケートでは満足度94%、「こういうご時世に家族皆で参加できて面白かった」「新しくてとても楽しかった、またやって欲しい」「静岡に行った時はただいま!テレビを見ます!」といった御意見をたくさん頂いた時は、私自身が改めて前を向くきっかけになりました。

tsuchiyaimg3.jpg

テレしずだからできること

【新しいこと・楽しいことにチャレンジ!】

・テレビを使って新しいこと・楽しいことに積極的にチャレンジさせてくれる社風です!
・部署の垣根を越えて皆で盛り上げてくれます!
・「ご近所テレビ」として静岡35市町360万人と寄り添いつつ、全国ネット番組や、県外からも多くの来場者が来る大規模イベントなど、静岡県の枠に留まらない仕事ができます!

就活生へのメッセージ

【人と人との繋がりを大切に!】

SNSやAIといった超デジタル化社会が加速度的に進化している昨今、ビジネスにおいても、簡素化・効率化が求められる時代ですが、反比例して人と人のアナログ的な繋がりが希薄になってきている時代だと感じています。そんな中、世界的なパンデミックにより半ば強制的に繋がりを自粛させられたことで、改めて「人と人とのアナログ的な繋がりの大切さ」を痛感した方も多いのではと思います。

効率化を求められる時代でも、仕事上最後に行きつくところはやはり「人」です。
この人なら安心して任せられる、あの人との仕事が楽しかったからまた一緒に仕事がしたい、と思って頂けると嬉しいですよね。
その為には、抽象的ですが、「相手の事を想い、人と人との繋がりを大切にできる」かどうかが重要なのではと感じます。

自分がされて嬉しいこと、それは、何気ない会話や何気ない気遣いなど小さなことかもしれませんが、テレしずにはそういったことを大切にしている人が多いと思いますので、こんなご時世だからこそ一緒に繋がりながら静岡を盛り上げていきましょう!

tsuchiyaimg5.jpg
  • 採用担当ブログ
  • リクナビ2020
  • (株)富士テレネット
  • テレビ静岡システムクリエイツ(株)
  • ローカル局の魅力
ページの先頭へ