放送の信頼を左右する
重要な役割を担っています

写真:渡辺博之

技術局技術部渡辺博之

部署の紹介

【テレしずの放送を支える"最後の砦"】

私が所属する「技術局」は、技術部、放送進行部、制作技術センターの3つの部署で構成されており、それぞれの部署の業務内容を簡単に説明しますと・・・

■技術部 番組やCM、提供テロップなどをスケジュール通り正確に放送するための設備や、県内各地の送信設備に加え、放送局の基幹システムの設計、導入、保守管理など、テレしずの放送を確実に視聴者の皆様にお届けするための設備や技術、さらに、情報システムやネットワークの管理などのIT分野を担う部署。

■放送進行部 放送に必要なデータの作成や、番組やCM、提供テロップなどの放送素材の送出設備への収録/プレビュー作業など、放送準備に関する業務を担う部署。

■制作技術センター カメラ、音声、編集、ニュース送出や番組中継など、番組制作に関わる設備や技術を担う部署。

以上のように、技術局の業務内容は多種多様。 放送局のインフラを支える重要な役割を担っているのが技術局です!

watanabeimg1.jpg

仕事内容(1)

【テレしずの放送を視聴者の皆様のもとに確実にお届けするために、常に緊張感と責任を持って】

テレしずの放送は、スケジュールされた放送運行データに従って、放送設備を自動制御することで、順番に番組やCMなどを切替え、それらを送信設備から電波として送り出すことで視聴者の皆様のもとへお届けしています。

私は、技術部の中で主に「放送運行」の業務を担当していて、放送運行データに従って、番組やCM、提供テロップ、データ放送、EPG(電子番組表)、字幕など、全ての放送素材を送出するための放送設備(マスター設備)の設計、導入、保守管理、放送の監視や運行業務を行っています。技術部の業務で共通することは、常に機器故障やヒューマンエラーと隣合わせということです。機器故障や些細なミスで放送がストップしてしまうことや、放送すべき番組が放送されないという事態にもつながりかねません。

普段、何気なく観ている番組やCMは、テレしずに関わる全ての人の仕事の集大成。そのため、テレしずの放送を視聴者の皆様のもとに無事にお届けするために、日夜、緊張感と責任を持って仕事をしています。

watanabeimg2.jpg

仕事内容(2)

【50年に一度の大仕事~新本社への放送設備のお引越し~】

2017年10月、テレしずは「新本社への放送設備の切替え」という、重要な局面を迎えました。 新本社建設にあたり、技術部では何年も前から、担当する全ての設備の仕様、ワークフロー、移行計画などの検討を行う必要がありました。テレしず開局50年で初めての新本社への設備移行、誰もノウハウを知らない未知の世界の中、テレしずの歴史に残る大規模な設備更新について全社一丸、まさに「ONE TEAM」で向き合わなければなりませんでした。

設備導入までの間、仕様検討のために数えきれない程の打合わせや会議を社内、そして社外の方々と行い、設備導入から切替えまでの期間は、動作テスト、不具合改修、運用レクチャーなど、テレしずの放送を安全に切替えるため、やれることは全てやり尽くしました。

そして、2017年10月16日、テレしず社員はもちろん、放送設備メーカーなど、多くの関係者が見守る中、無事に切替えが完了した瞬間は、一生忘れられない思い出となりました。 放送設備の切替えが完了するまでの間、不安になったことや、意見が衝突することも多々ありましたが、自分が納得するまで最後まで突き詰めさせてくれたこと、また、"50年に一度の大仕事"に関わらせていただけたことに感謝しています。

watanabeimg3.jpg

テレしずだからできること

【テレしずには"チャンス"がたくさん転がっています!要はやったもん勝ち!】

テレしずでは、年齢や役職に関係なく若手社員であっても、重要な仕事を担っていますし、アイデアや提案を聞いてもらえる環境があります。勿論、そのためには、下調べや専門知識など日々勉強が必要ですが、その分、日頃から頑張っていれば、周りはしっかりと感じ取ってくれていますし、困った時は助けてくれます。

技術部では、例えば、自分が開発したアプリケーションやシステムの提案も可能です。学生時代、私はプログラミングの勉強を避けて通ってきたのですが、あるシステムの構築がきっかけで、数年前からアプリケーション開発について勉強したところ、意外にもハマってしまいました(笑) その結果、昨年は番組やCMをオンライン搬入するシステムやデータ放送を制御するシステムを自社開発し、運用担当部署に提案したところ、無事採用していただけることになり、現在も社内で絶賛稼働しております。(まだまだレベルが低いので勉強が必要ですが・・・)

テレしずは、自分の努力次第で、仕事の幅をどんどん拡げられる会社だと思います。要はやったもん勝ちなのです!

watanabeimg4.jpg

就活生へのメッセージ

【変化を楽しめる人、熱い想いを持った人】

ICTが社会を創る時代、テレビ局も例外ではなく、放送業界を取り巻く環境は急速に変化しています。今後、変化のスピードは一層速くなることが予想される中、時代の変化に合わせて、新しい技術を開発したり、新しい仕組みやサービスについて考察・挑戦する力が求められていると思います。無謀とも思えることにも全力で取り組める、熱い想いを持った仲間が一人でも増えたら嬉しいです!

  • 採用担当ブログ
  • リクナビ2021
  • (株)富士テレネット
  • テレビ静岡システムクリエイツ(株)
  • ローカル局の魅力
ページの先頭へ