テレビ局じゃないと
経験できないことばかり!

写真:小野田有佑

報道制作局制作部小野田有佑

部署の紹介

【クリエイティブに溢れた楽しい毎日】

『しずおかのみなさん、おかえりなさい。』静岡の"いま"を伝える夕方情報番組 「ただいま!テレビ」(月曜~金曜16:45) 自慢のアレでお馴染みの静岡を代表するグルメ番組 「くさデカ」(毎週土曜18:30) 放送2000回を超える子育て・教育番組 「テレビ寺子屋」(毎週日曜6:30)

上記レギュラー番組の他にも、年3本制作している全国ネット特番(制作部は2本)など様々な番組を制作しています。

常にアンテナを高く保ち、視聴者の興味が何に向いているのか、番組をどうしたら楽しんでもらえるのかを意識しながら仕事に取り組んでいます。所属している人たちは、キャラの濃い人たちが多いですが、視聴者のみなさんに面白い番組を届けるという1つの目標に向けて協力し合いながら、楽しく番組を作っています。

onodaimg1.jpg

仕事内容(1)

【よく聞くADとしての業務】

私はいま制作部でAD(アシスタントディレクター)として働いています。ADの業務は様々ですが、その名の通りディレクターのアシスタントに就きます。

ロケの準備として、取材先との連絡やロケで使う機材準備や買い出しをしたり、ロケに同行した際には、出演者さんのケアや周りの安全のために声かけをしたりします。ロケの後は、編集するディレクターの手伝いとして、過去の映像素材を探して取り込んだり、放送に間違いの無いように取材先の情報確認をしたりします。

そして無事放送されるためにスタッフの1人としてスタジオに入る日もあります。ADは指示を待つのではなく、先を考えて自分で動かなくてはなりません。わからないことが多く、失敗ばかりですが、とても新鮮で楽しい毎日です。

onodaimg2.jpg

仕事内容(2)

【初めてのただいま日和のロケ】

入社してすぐ始まった『ただいま!テレビ』 その立ち上げの瞬間に立ち会えたことはとても貴重な体験でした。 そして始まった『ただいま!テレビ』のコーナー『ただいま日和』のロケにADとして就けていただきました。

初めてのロケADで何もわからず、苦労しましたが、周りの先輩方が1つ1つ理由付けて教えてくださり、学ぶことができました。今でも間違いや忘れてしまうことはありますが、先輩方の助けがあり、大変ながらも新鮮で楽しい毎日を過ごしています。

テレしずだからできること

【『やりたい』が叶う職場】

『テレビ静岡』の看板を背負うからこそできる体験は非常に多いです。 テレビ局なので、タレントや有名人と仕事をすることももちろんあります。 僕の初めてのロケはおかずクラブとのロケでしたし、 1964年の東京オリンピックで聖火リレーを走った方にお会いする機会もありました。 他にも、普通は入れない場所に撮影で行くこともありました。 大学生の頃の自分では想像すらできないような体験をこの1年でしました。 やってみたいことを現実にする力がテレしずにはあると思います。 1人では実現するのは難しい『やりたい』に対して、 みんなで取り組む番組制作はとてもやりがいのあるものだと思います。

onodaim4.jpg

就活生へのメッセージ

【好奇心旺盛な人!】

テレビ局は新しい情報を常に求めています。 そのため、躊躇せずに新しいことを知ろうと飛び込める人はとても強みになると思います。

幅広いジャンルの情報を吸収することで、思わぬところでそれが番組作りに役立つこともあると思います。 興味がないから知ろうとしないという考えではなく何事にも興味を持って知ろうとする人の方が仕事を楽しめると思いますし、周りも一緒に楽しめると思います。そして、何よりテレビが好きであれば、より毎日は楽しいものになると思います。

onodaim3.jpg
  • 採用担当ブログ
  • リクナビ2021
  • (株)富士テレネット
  • テレビ静岡システムクリエイツ(株)
  • ローカル局の魅力
ページの先頭へ