今までに経験したことのない
刺激と成長の毎日です

写真:鈴木聖矢

技術局制作技術センター鈴木聖矢

部署の紹介

【映像と音のクリエイター集団】

テレビ静岡の中で、主に番組制作に関わる仕事をしているのが制作技術センターです。 部署内には役割分担があり、カメラマン、編集マン、スイッチャー、音声、VE、CGなど様々な分野のプロフェッショナルが集まっています。

テレビ番組は、こういった様々な分野の人達がお互いの知識や経験、アイデアを話し合いながら制作されます。 皆で一つのものを作り上げる「協調性」と十人十色の「創造性」。 この二面性を持つクリエイター集団が制作技術センターです。

suzukiimg1.jpg

仕事内容(1)

【頭と体の両方を使う】

私の主な仕事は、カメラマンとしてニュース映像を撮影してくることです。 そして、撮影してきた映像の編集も行い、夕方に放送されている情報番組「ただいま!テレビ」内のニュース映像として放送します。 また、「ただいま!テレビ」のスタジオカメラを担当することも多いです。

ニュース映像の撮影は、主に会社から取材先に出向いて撮影させていただきます。 建物の中で会見を撮ることもありますし、畑や川で園児たちの自然体験教室を撮ることもあります。稀にですがヘリコプターや船に乗ることもあります。 取材場所が毎回変わるのでその現場に合わせた機材の準備をしなくてはなりません。 また常に変わる状況の中で、ただ被写体を撮影すればよいわけではなく編集や仕上がりのことを考えて撮影しなければならないため非常に頭を使います。

上手くいかないこともありますが、自分のイメージした映像をテレビで放送できる非常にやりがいのある仕事です。

suzukiimg2.jpg

仕事内容(2)

【誰かの助けになること】

台風被害にあった福島県に被災地応援に行かせていただいたことは、とても貴重な経験でした。台風の被害は非常に甚大で、多くの方が自宅で寝泊まりできない状況になっており、また高齢な方も多く自宅の復旧作業は非常に困難となっていました。

私は、そんな大変な状況の中で取材させていただくのは大変迷惑だと思っていました。しかし、被災者の方々は「自分たちの事をもっと取り上げて欲しい」と快く取材に応じてくれました。テレビで放送されることで「支援の輪」が広がるということです。自分が撮影した映像が困っている人たちの助けになっていると実感でき、被災地においてのテレビ局の意義、被災者に寄り添うことの大切さを学びました。

テレしずだからできること

【普段では味わえない経験ができる】

私は、まだ入社2年目ですが人生で初めての経験をたくさんさせてもらいました。有名アイドルやスポーツ選手へのインタビュー、ヘリから見る真上からの富士山、漁船での桜エビ漁。国会議員や総理大臣の重要な場面での撮影など。また多くの取材をさせていただく中で、静岡の観光名所や名産品、美味しいお店や特産を使用した新商品など静岡の魅力をたくさん見つけることができました。

これらの経験はテレビ静岡に入社しなければ味わうことができなかったことです。刺激のある毎日でとても充実しています。

suzukiimg3.jpg

就活生へのメッセージ

【上手くいかないときこそ明るく、前向きに】

仕事をしていく中で、困難にぶつかることはたくさんあります。自分の思い通りにいかないことや叱られることもあります。でもそんな時こそ明るく前向きに。成長するチャンスです。

テレビ静岡には上手くいかないことがあった時に支えてくれる先輩や仲間がたくさんいます。日々すごく良い環境で仕事をさせていただいていると実感しています。 明るく前向きに一緒に頑張れる方をお待ちしています!

suzukiimg4.jpg
  • 採用担当ブログ
  • リクナビ2021
  • (株)富士テレネット
  • テレビ静岡システムクリエイツ(株)
  • ローカル局の魅力
ページの先頭へ