トップへ戻るドレみ~る 毎週月曜日~金曜日 ただいま!テレビ内で不定期放送

出演:小倉彩瑛(テレビ静岡アナウンサー)

番組案内

元彼の遺言状

元彼の遺言状 ドラマ・映画

5/23(月)21時00分から

主演・綾瀬はるか×共演・大泉洋!
超豪華タッグで贈る極上リーガルミステリー!

オフィシャルサイトへ

「元彼の遺言状」#7

諸事情により元上司の津々井(浅野和之)から大手食品会社・ヒグマ食品の案件を引き継ぐことになった麗子(綾瀬はるか)。大はしゃぎする麗子のもとに、今度はホストの黒丑(望月歩)から電話が入る。
自分の太客・山谷典子が抱える遺産トラブルを解決してほしいというのだ。典子は父親の死因について調べてほしいという。財産目当てで近づいてきた後妻の女に毒を盛られて死んだに違いない、というのが典子の主張だった。
しかし麗子は死因の特定は警察の仕事だと冷たくあしらう。

一方、ヒグマ食品は1兆円を超える大規模なM&Aを控えていた。だが、同社総務部長の武藤と商品開発部の木村は、頼みたい案件は別だと言って麗子に1枚の紙を見せる。それは「5月23日、社員食堂の毒入りシチューで死人が出る」という脅迫状で...。

「元彼の遺言状」#6

ある日、ホストの黒丑益也(望月歩)のもとに「助けてくれ!」とホストの森蘭丸(味方良介)から電話がかかってくる。

黒丑が教会の仮眠室へ慌てて駆けつけると、そこには刃物で刺され絶命したナンバー1ホスト・織田信長の姿があった。信長はこの教会の信者で、時々この仮眠室を利用していたという。

この日、蘭丸と信長は仕事の後2人で飲んでいたそうで、ベロベロになった信長を介抱するためこの場所に1時間ほど滞在。すっかり寝入ってしまった蘭丸が目を覚ました時には、すでに信長は亡くなっていたという。この仮眠室の窓は全て内側から閉められており、防犯カメラにも誰かが出入りした様子は映されていなかった。

完全なる密室で起きた殺人事件―。犯行は蘭丸にしか成し得ないはずだが「俺、やってないです!助けてください!」と蘭丸は剣持麗子(綾瀬はるか)に懇願して...。

「元彼の遺言状」#5

ある日『暮らしの法律事務所』を訪ねてきた森川紗英(関水渚)。「ちょっと篠田借りるわよ」と、とあるパーティーのエスコート役で篠田敬太郎(大泉洋)を連れ出す。

行き先は投資会社『M&Sキャピタル』の創立15周年記念パーティー。昨今業績を伸ばしている注目の投資会社で、華麗なる森川家の投資顧問でもある。大学時代に意気投合した真梨邑礼二と庄司健介が28歳で起業。小さなアパートの一室からスタートし、ここまで成長させてきた。

一方、剣持麗子(綾瀬はるか)のかつての上司・津々井(浅野和之)は麗子を同じパーティーへ連れて行く。『M&Sキャピタル』は一部上場を機に新たに弁護士を探しているらしく「私と一緒にこの案件をモノにしませんか」という打診だった。

それぞれの目的で同じパーティーへ集まった4人。会場が暗転し、いよいよパーティーが始まる。
しかし、真梨邑が壇上に立ちスピーチを始めた途端、会場から衝撃音が鳴り響く。久野文也という一人の投資家が突然死亡したのだ。久野は『M&Sキャピタル』の大口の顧客だったそうだが、暗転中に一体何が起きたのか...?

「元彼の遺言状」#4

剣持麗子(綾瀬はるか)はさまざまな企業の顧問弁護士について調べていた。
狙いは老舗企業と長期に渡って契約している高齢の弁護士。
若くて優秀な自分が営業をかければ、引退間近な彼らに代わって顧問弁護士契約が結べるに違いない、という算段だった。

一方、篠田敬太郎(大泉洋)には、そんな麗子の相手をしていられないほど楽しみなイベントがあった。
敬愛する女性ミステリー作家・秦野廉(宮田早苗)が、大ヒット作『胡桃沢啓二シリーズ』の最新作を13年ぶりに発表することになり、その記者発表会見の模様がオンラインで生配信されるのだ。

ほどなく会場に秦野が姿を見せ、会見がスタートした。
そこで秦野はいきなり「私は、人を殺しました」と告白する。
会場は一時騒然とするが、それは新作のプロモーションだと理解する篠田。
これまでも秦野は、読者に対して謎解きの挑戦状を出しており、今回もそうに違いないと思ったのだ。
しかし、秦野が明かした殺人現場の住所に警察が駆けつけると、そこには本当に男性の死体があって...。

「元彼の遺言状」#3

「くらしの法律事務所」を村山弁護士(笹野高史)から引き継ぐことになった剣持麗子(綾瀬はるか)は、篠田敬太郎(大泉洋)を住み込みで働かせることに。

そんなある日"武田信玄"を名乗る男から弁護依頼の電話が入る。
指定の場所へ向かった麗子を待ち受けていたのは、殺人現場の地べたに座り込んだまま周囲に睨(にら)みを利かせているイケメンホスト・黒丑益也(望月歩)だった―!
どうやらホストクラブでは"武田信玄"という源氏名で働いているらしい。

死体の身元は進藤不動産社長の進藤昌夫。
第一発見者は黒丑で、死体を発見するなり速攻で警察に通報したという。
3カ月前、黒丑は進藤から立ち退きの話を持ちかけられていた。
そのときは穏便な雰囲気だったが、数週間前、再び訪ねてきた進藤はまるで人が変わったように「1カ月以内に出て行け」と強引に迫ってきたという。そのことに黒丑は憤慨しながらも、改めて交渉しようと進藤のオフィスを訪ねたところ、そこにはすでに絶命した進藤の姿があったという。
「自分は関与していない」と全否定する黒丑だが、殺す動機は十分だとして、黒丑は警察に任意同行を求められる。
麗子はそんな黒丑の弁護に当たるが、彼の供述につじつまが合わない点が次々浮上して...。

「元彼の遺言状」#2

麗子(綾瀬はるか)は、謎の死を遂げた元彼・栄治(生田斗真)が自分に残した暗号に気づく。
栄治が暮らしていた軽井沢の別荘へと戻った麗子は、森川家の金治(佐戸井けん太)、真梨子(萬田久子)、拓未(要潤)、雪乃(笛木優子)、紗英(関水渚)と、栄治の元カノのひとり・朝陽(森カンナ)、獣医師の堂上(野間口徹)を呼び寄せる。

麗子は、自分と篠田(大泉洋)が何者かによって栄治の車でひき殺されそうになったことを告白したうえで、ある提案を持ちかける。
それは、犯人にこっそり名乗り出てもらい、交渉の場を持ちたいというものだった。
麗子の目的は、クライアントである篠田を犯人にすること。
森川家から犯人が出てしまうより、自分のクライアントが犯人になる方が皆にとっても都合が良いはずだというのだ。
突拍子のない提案に驚く一同。
誰も名乗り出ないと思われたそのとき、麗子たちのもとにある人物が現れ......。

「元彼の遺言状」#1

剣持麗子(綾瀬はるか)は大手法律事務所に勤務する敏腕弁護士。
クライアントの利益のためには手段を選ばない剛腕ぶりで多大な利益を上げていた。
だが、その強引さが仇(あだ)となって有力クライアントを失う羽目になった麗子は、所長の津々井君彦(浅野和之)からボーナスカットを言い渡されてしまう。

その処遇に憤慨し、事務所を辞めると啖呵(たんか)を切って飛び出した麗子は"ひとり焼肉"で憂さ晴らしをする。
飲み仲間を求めて片っ端から知り合いにメールを送ると、大学時代の元カレ・森川栄治(生田斗真)から返信が...。
だがそのメールの中身は「森川栄治は永眠しました」という訃報だった。
驚く麗子のもとに見知らぬ電話番号から着信が入る。
全く面識がないはずの男・篠田敬太郎(大泉洋)から、栄治のことで相談したいと言われる。

数日後、麗子は篠田と会うが、顔を見てもなお、篠田のことを思い出せない。
一方「変わらないねえ、麗子ちゃんは」となれなれしい態度を取る篠田は、栄治と同じ大学のサークルの先輩で、軽井沢の別荘で病気療養していた栄治に誘われて別荘の管理人をしているらしい。
自室で死んでいた栄治を最初に発見したのも篠田だった。
そこで篠田は栄治が遺した奇妙な遺言書のことを麗子に伝えた。
そこには「全財産は僕を殺した犯人に相続させる」と記されていたという。
そこで篠田は「代理人になって僕を犯人に仕立ててほしい」と麗子に持ちかけて...。

  • 月
  • 火
  • 水
  • 木
  • 金
  • 土
  • 日
  • すべて
  • 小倉彩瑛のONE DAY
  • HOTな気分でGO! 番組広報担当者ブログ
  • ドレみ~る通信
  • テレシーズLINEスタンプ
  • Web会員募集
  • ドレみ~るTwitter
ページの先頭へ