トップへ戻るドレみ~る 毎週月曜日~金曜日 ただいま!テレビ内で不定期放送

出演:小倉彩瑛(テレビ静岡アナウンサー)

番組案内

大奥

大奥 ドラマ・映画

2/ 8(木)22時00分から

出演者⼩芝⾵花 ⻲梨和也

小芝風花が政略結婚を強いられた主人公を演じる!"愛"をテーマにした『大奥』史上、最も切なくて美しいラブストーリーが誕生!

オフィシャルサイトへ

「大奥」#4

五十宮倫子(小芝風花)は、お知保(森川葵)が徳川家治(亀梨和也)の側室になったことを知り、動揺する。家治が田沼意次(安田顕)に強要されて側室を持つに至ったことを知らない倫子は心中穏やかではない上、早速御渡りがあると聞かされ、ショックを隠しきれない。  

そんな折、増上寺代参が行われることになる。松島の局(栗山千明)は「忙しい上様、御台様に代わって、奥女中たちが代参を務める」と切り出すが、倫子は御台所の大事な公務であるとし、自分も共に参ると発する。松島は御台様が出向くなど前例がないことだと反論するが、家治は倫子に「頼んだ」と言い、代参を認める。

倫子がお品(西野七瀬)を伴って無事に参拝を終えると、猿吉(本多力)が倫子の好物である白みそ煎餅を持って現れる。それは、お品が葉山貞之助(小関裕太)に頼み、特別に作ってもらったものであった。そして、倫子が茶屋で休んでいると、松平定信(宮舘涼太)に声を掛けられる。そこで、定信から"賢丸"という幼名を聞いた倫子は、定信がかつての幼なじみであったことを思い出す。そして、2人は幼い頃に戻ったかのように、江戸の町を散策して楽しんでいたが...。

  • 月
  • 火
  • 水
  • 木
  • 金
  • 土
  • 日
  • すべて
  • 小倉彩瑛のONE DAY
  • ドレみ~る通信
  • テレシーズLINEスタンプ
  • Web会員募集
ページの先頭へ