トップへ戻るドレみ~る 毎週月曜日~金曜日 ただいま!テレビ内で不定期放送

出演:小倉彩瑛(テレビ静岡アナウンサー)

番組案内

姉ちゃんの恋人 ★第5話

姉ちゃんの恋人 ★第5話 ドラマ・映画

11/24(火)21時00分から

真人(林遣都)に重くのしかかる過去の十字架!
桃子(有村架純)の告白に真人が出した答えは!?
真人の過去を知る菊雄(光石研)は桃子との関係が気になり...。

オフィシャルサイトへ

「姉ちゃんの恋人 ★第5話」#5

桃子(有村架純)の告白に、「イエス」とも「ノー」とも答えず、ただ申し訳ないような、困った表情を見せる真人(林遣都)。
てっきり、真人も同じように自分に好意を抱いていると思っていた桃子は予想外の展開に困惑。
早速、みゆき(奈緒)に事の一部始終を報告するが、同じく和輝(髙橋海人)とのことを桃子に打ち明けようと思っていたみゆきは、タイミングを逃してしまう。

一方、桃子の乙女心を聞いた3人の弟たちは、姉が恋する相手を一目見たいと、桃子に内緒でホームセンターへ。
そこで、フォークリフトを見事に操り、笑みをたやさず真剣に働く真人の姿を見かけて、直感的にそれが桃子の恋の相手だと感じる。
また、真人もそんな弟たちの姿に気づいて...。

その頃、偶然、桃子と真人の姿を目撃した菊雄(光石研)は、ある思いを胸に、貴子(和久井映見)が働く弁当屋を訪ねる。

「姉ちゃんの恋人 ★第4話」#4

真人(林遣都)、日南子(小池栄子)、悟志(藤木直人)と4人でダブルデートをすることになった桃子(有村架純)は、3人の弟たちに、同僚の真人に恋をしていると告白。
桃子のことが大好きで、誰よりも姉の幸せを願う和輝(髙橋海人)たちは、桃子が恋愛で傷つくことを案じて涙ぐみ、桃子もまた、そんな愛すべき弟たちの姿に胸が熱くなる。

そのころ真人は、桃子からのバーベキューの誘いに「行く」と返事をしたものの、本当に自分が行っていいのか、楽しんでいいのか、思い悩んでいた。
貴子(和久井映見)もまた、息子の様子がいつもと違うことに気づく。
そこには、真人の過去が関係していて......。

一方、桃子の親友のみゆき(奈緒)は、和輝から、先日訪れたカフェに誘われる。
相手は7歳も年下で、しかも親友の弟。
和輝からのアプローチに戸惑うみゆきに対して、和輝は無邪気な顔で「ある提案」をする。

「姉ちゃんの恋人 ★第3話」#3

ハロウィーン当日、閉店後のホームセンターではクリスマスに向けた大がかりなレイアウト替えが夜を徹して行われる。
翌朝、店内に飾られた大きなもみの木を見上げる桃子(有村架純)の胸には達成感がこみ上げ、真人(林遣都)もまた、来店した客のうれしそうな笑顔に、今まで味わったことのない喜びを感じていた。

家路についた桃子と真人は、互いの健闘を称え合い、楽しかった時間の余韻に浸りながら2人だけの時間を過ごす。
しかし別れ際、桃子はある一言がきっかけで、真人の中に、かたくなに人を寄せつけない"何か"があることに気づいてしまう。

一方、バーで一目ぼれした悟志(藤木直人)が同じ職場の人間だと知り、運命を感じる日南子(小池栄子)は、悟志のさわやかな笑顔と人懐っこい性格にますます心引かれていく。
しかし、デートに誘おうとにも、どうしていいか分からず困惑。
そこで、同じように真人に恋をしている桃子に、ある作戦を持ちかけて......。

「姉ちゃんの恋人 ★第2話」#2

ひょんなことから、壊れた地球儀を直してくれたのが真人(林遣都)だと知った桃子(有村架純)。
性格はまるで違うものの、どこか価値観が似ている真人に恋心を抱くようになった桃子は、家でも終始上機嫌。
もはや恋をしていることは一目瞭然で、和輝(髙橋海人)たち3人の弟は、そんな姉の姿を心配そうに見つめる。

一方の真人は、桃子の予算案が承認され、クリスマスプロジェクトが無事に動き出したことにうれしさがこみ上げる。
ホームセンター一丸となっての仕事に楽しさを感じ始めた真人は、何とかこのプロジェクトを成功させたいと、上司の悟志(藤木直人)にも協力を依頼する。

そんなある日、安達家では、桃子の親友のみゆき(奈緒)と親戚の川上(光石研)を呼んで鍋パーティーをすることに。
ところが当日、みんなが桃子の帰りを待ちわびるなか、桃子は仕事で思わぬミスをしてしまい、急きょ、商品をお客さまの自宅まで届けることに。
その場に居合わせた真人が桃子を車で送っていくが、助手席の桃子の手はなぜか震えていて......。

「姉ちゃんの恋人 ★第1話」#1

安達桃子(有村架純)は、ホームセンターで働く27歳。
高校3年生のときに両親を事故で亡くし、以来9年間、弟の和輝(髙橋海人)、優輝(日向亘)、朝輝(南出凌嘉)を養うため、親戚の川上菊雄(光石研)の紹介で就職したホームセンターに勤めている。

店では、世間の風潮にならい、例年なら盛り上がるはずの季節の飾りつけも控えめ。
もうすぐ迎えるハロウィーンも、どこか物足りないまま終わろうとしていた。
そんな店内の様子に寂しさを覚えた桃子は、思わず「クリスマスはドカンとやりたいですね」とポツリ。
すると翌朝、桃子はチーフの市原日南子(小池栄子)からクリスマス企画のリーダーに任命され、早速、各フロアの責任者を集めてミーティングが行われることになる。

ミーティングには、配送部の吉岡真人(林遣都)の姿もあった。
弁当屋で働く母・貴子(和久井映見)と2人暮らしの真人は、ほほ笑みを絶やさない好青年でありながら、ある理由から人と関わることが得意ではなかった。
しかし、信頼する上司・高田悟志(藤木直人)の頼みを断れず、配送部代表としてミーティングに出席したのだ。
初対面の桃子から、どんなクリスマスにしたいか意見を求められた真人は......。

  • 月
  • 火
  • 水
  • 木
  • 金
  • 土
  • 日
  • すべて
  • 小倉彩瑛のONE DAY
  • HOTな気分でGO! 番組広報担当者ブログ
  • ドレみ~る通信
  • テレシーズLINEスタンプ
  • Web会員募集
  • ドレみ~るTwitter
ページの先頭へ