消えた“駿河湾の宝石”―明日へつむぐ船―
 
 

日本で唯一、静岡の駿河湾だけで水揚げされ、
その美しさから“駿河湾の宝石”と呼ばれる
「サクラエビ」。しかしここ数年、
姿をあまり見ることができません。

記録的な不漁・・・
“宝石”はどこへ消えてしまったのでしょうか。
先が見通せない中、日々葛藤する漁師と
加工業者に半年間密着。
代々受け継がれてきた漁を、
後世に伝えなくてはならない使命を持った
男たちの思いに迫りました。

そして専門家が示す不漁の本当の原因とは。
日本の漁業の未来を暗示するかのような、
サクラエビ漁の混迷。地域の漁業を守るため、
いま何が求められているのか、
小さな港町を舞台に描き出します。

 
ページの先頭へ