ただいま!テレビ 月~金 夕方4時50分~7時00分

放送日2020年11月27日(金)

リポーターピーコ・蓮見アナ

明治創業出汁の老舗!いわし削りに込める伝統と挑戦"西尾透雄"

静岡市・蒲原で115年続く「西尾商店」。

建設業から畑違いの出汁の世界へ。歴史と文化を守る、その思いとは?

紹介内容
取材先名西尾商店
住所静岡市清水区蒲原4-15-37
電話番号054-388-2341
URLhttps://nishiosyouten.com/
内容話を伺ったのは“ダシの老舗”西尾商店の「西尾透雄(ゆきお)」さん。
紹介内容
内容創業は明治38年。
静岡市 蒲原の地で115年。
かつお節や昆布、イカといった“ダシの原料”を全国から仕入れ加工し販売している。
焼津に御前崎、県内はもちろん。
遠くは 鹿児島。
115年という歴史とともに蓄積された「知識」、そして、全国の生産者との「つながり」が、西尾商店の強みだ。

「おいしい削り節を届ける」

そう、話す透雄さんが、この道に入ったきっかけ…
それは、西尾商店の娘さんとの結婚。
それまで勤めていたのは、東京の建設会社。全くの“畑違い”。
立ちはだかったのは、“ダシの老舗”の歴史。
その迫力に、戸惑った。

そんな中かけられた「ここは良いモノを出している」という言葉。
常連客の声に感じたのは、西尾商店への「信頼」。
お店が100年以上かけて積み上げてきたモノを自分が壊すわけにはいかない。
「ダシづくり」と「店の歴史」、その2つと懸命に向きってきた。

その中で、透雄さんが、はじめたのが、西尾商店「伝統の技」を教える「ダシ教室」。
歴史を守るだけでなく、つないでいく取り組みが必要と感じたからだった。
「高い品質のモノづくり」と「ダシ文化を伝える活動」。
透雄さんのそうした取り組みは評価され、2019年、「いわし削り」は、食品界の最高の栄誉「天皇杯」を受賞した。
曜日別一覧 バックナンバーを見る
ページの先頭へ
  • FNNビデオPOST
  • 黄色い手帳運動
  • いちばん本舗
  • 「テレしず LIVE STORE」運用開始
  • コンフィデンスマンJP プリンセス編
  • 海動プロジェクト
  • 海と日本プロジェクト
  • テレしず富士山映像集
  • 被災地から伝えたいテレビカメラが見た東日本大震災
  • 地球温暖化対策行動宣言
  • 違法配信撲滅キャンペーン
  • ホットライン テレビ番組著作権
  • COOL CHOICE TV