ただいま!テレビ 月~金 夕方4時50分~7時00分

放送日2021年05月07日(金)

リポーターピーコ・蓮見アナ

新進気鋭!茶処静岡でも珍しいお茶染め職人"鷲巣恭一郎"

製茶後に残る茶葉のかけらや茎。棄てられるはずの茶葉で染めるお茶染め。

実は茶処静岡でも珍しい技術。茶染めに込めた想いとは?

紹介内容
取材先名鷲巣染物店
住所静岡市葵区新間 1089-197
URLhttps://www.ochazome-shizuoka-japan.com/
内容話を伺うのは、お茶を使った染め物づくりに挑む、鷲巣恭一郎さん。
紹介内容
内容製茶したあとに残る、商品にならない茶葉のかけらや茎。
そんな“棄てられるはずの茶葉”を使い、染め物を作るのが、鷲巣さん。
実は、「茶染め」は茶処・静岡でもほとんど行われてこなかった、珍しい技術。
鷲巣さんは、そんな「茶染め」の技術を生み出した第一人者だ。

使う茶葉は緑色だが、染められた生地は武骨な灰色をしている。
ストールやTシャツなど。
お茶で染めた製品は、多岐にわたる。

鷲巣さんは、歴史ある染物店の五代目。
由緒正しい染め物職人が、なぜ斬新な茶染めに挑戦することになったのか?
それは、父の代まで続いた伝統的な染め物が、時代の変化とともに、急速に需要を失っていたからだ。

まだ誰も挑戦したことがなかった、お茶の染め物。
新進気鋭の職人が生み出す、お茶の名産地静岡ならではの染め物の魅力とは?
曜日別一覧 バックナンバーを見る
ページの先頭へ
  • FNNビデオPOST
  • 黄色い手帳運動
  • 「テレしず LIVE STORE」運用開始
  • 「ShizLive」運用開始
  • いちばん本舗
  • 海動プロジェクト
  • 海と日本プロジェクト
  • テレしず富士山映像集
  • 地球温暖化対策行動宣言
  • 違法配信撲滅キャンペーン
  • ホットライン テレビ番組著作権
  • COOL CHOICE TV