ただいま!テレビ 月~金 夕方放送

放送日2022年01月19日(水)

リポーターピーコ・蓮見アナ

予約は1年待ち!?世界一が認めた「木の食器」"湯浅ロベルト淳"

陶器のような「光沢」に、シャープな「フォルム」。自分の好きな事を仕事に...挑戦を支えたのは家族の存在。「木の食器」にかける思いとは!?

紹介内容
内容今回訪ねたのは、木工作家、湯浅ロベルト淳さん。
紹介内容
内容砂と顔料を混ぜた“うるし塗り”の技法で生み出すのは、陶器を思わせる「光沢感」。
丁寧な手仕事で彫り抜く「シャープなフォルム」。木製とは思えない“デザイン”に宿るのは、毎日手に取りたくなる“使いやすさ”。

世界一にも選ばれたレストランからも注文が入る、
湯浅さんのお皿やスプーン、フォークといった木製の食器は、現在、1年待ち。入手困難な状況が続いています。

口に入れるスプーンやフォーク、
こだわったのは、料理を邪魔しない「薄さ」と「滑らかさ」。

自分の作るものが、使う人の暮らしに寄り添えるか…
一枚の板から、機械で大まかに切り出した後は手作業で、手になじむ「細さ」、口当たりの良いなめらかな「曲線」、全て彫刻刀とカンナだけで仕上げていきます。

ブラジルから来日したのは17歳の時。当初は1年間の滞在予定でした。
日本の暮らしやすさに惹かれ、家族ができたことを機に、
この地で暮らしていく事を決意します。
工場で働いていた、湯浅さんが、現在の道へ進むきっかけとなったのは、18年前の“ある出来事”でした。

自分の好きな事を仕事に…挑戦を支えたのは家族の存在。
モノづくりにかける思いと、これまでについて、話を伺っています。
曜日別一覧 バックナンバーを見る
ページの先頭へ
  • FNNビデオPOST
  • 黄色い手帳運動
  • SDGs
  • 「テレしず LIVE STORE」運用開始
  • いちばん本舗
  • バスカヴィル家の犬
  • 劇場版ラジエーションハウス
  • 海動プロジェクト
  • 海と日本プロジェクト
  • テレしず富士山映像集
  • 地球温暖化対策行動宣言
  • 違法配信撲滅キャンペーン
  • ホットライン テレビ番組著作権