ただいま!テレビ 月~金 夕方4時50分~7時00分

放送日2021年10月06日(水)

リポーター蓮見アナ

寺の副住職×バンドマン!スカを愛する異色の僧侶"川村孝裕"

富士市にある吉原山妙祥寺。

ここに異色の経歴を持つ副住職がいる。

素顔はなんとバンドのドラマー。

2つの顔を持つ理由とは?

紹介内容
取材先名妙祥寺
住所富士市中央町1-9-58
電話番号0545-52-1295
内容話を伺うのは、700年近くの歴史を持つ寺の副住職であり、人気スカバンドのドラマーでもある、川村孝裕さん。
紹介内容
内容富士市にある吉原山妙祥寺。
創建は、鎌倉時代の1323年。地元で古くから愛される歴史ある寺だ。
副住職として、日々寺の行事や修行に励む川村さんは、僧侶のほかに、別の顔を持つ。
それは、ミュージシャン。

中南米の陽気な音楽“スカ”を奏でる人気バンド「ミュールトレイン」。
著名人にもファンが多いこのバンドで、川村さんはドラムを担当している。

川村さんが、仏の道を歩み始めたのは30歳の時。
実はそれまで、寺の仕事はおろか静岡に縁もゆかりもなかった。

人生の転機は、妙祥寺の次女である妻との結婚。
そこで川村さんの人生は、180度変わった。

義理の父でもある住職の姿に憧れ、仏門に入ることを決めた。
修業を重ねるうち、地域の人が寺を訪れる機会が極端に少ない現実に気づいた。
自分にできることはないか…。
悩んだ末始めたのが、寺と音楽の融合。境内で開催する音楽イベントだった。
曜日別一覧 バックナンバーを見る
ページの先頭へ
  • FNNビデオPOST
  • 黄色い手帳運動
  • SDGs
  • 「テレしず LIVE STORE」運用開始
  • 「ShizLive」運用開始
  • いちばん本舗
  • ルパンの娘
  • 海動プロジェクト
  • 海と日本プロジェクト
  • テレしず富士山映像集
  • 地球温暖化対策行動宣言
  • 違法配信撲滅キャンペーン
  • ホットライン テレビ番組著作権
  • COOL CHOICE TV