テレビ寺子屋毎週日曜日 午前6時30分~

トップへ戻る

公開録画会場 随時募集中!

全国の放送予定はこちら

  • お知らせ
  • 寺子屋の歩み
  • 次回の寺子屋
  • 講師紹介
  • 過去の放送
  • 会場募集
  • ご意見・ご感想

過去の放送

過去の放送

2013年7月20日放送 金澤泰子さん(第1846回)

会場
菊川文化会館アエル(菊川市)
講師
書家 金澤翔子氏の母 金澤泰子

講師紹介

1943年生まれ。
1965年明治大学卒業。
1985年6月翔子氏が生まれる。
翔子氏5歳の1990年に書道教室開設。
著書は「天使がこの世に降り立てば」「翔子」等


ポイント第1846回「魂の書」

私は40年も書を書いていますが、私の書を見て泣いてくれた人はいないのに、
娘の翔子の書を見て感動し、泣いてくれる人がいます。
ダウン症で知的障害がありIQは低いのですが、
感性がとても発達しています。
それは魂のレベルだと感じます。 
それは環境によって育ったのです。

翔子は学歴社会に入らず、私と二人で家の中にいて外にあまり出なかったために、
他人と比べることをしませんでした。
ひとたび比べ始めれば、
この子はもう小学1年生なのにまだこんなこともできないなどと考えがちですが、
私と翔子の間にはちっともそんなことはありませんでした。
学校に入ってもいろいろなことで最下位ですし、
努力して上に上がろうとも考えませんから、魂に何もくっつかないのです。

とかく私たちは書を書いても、
この部分はもっと上がいいとか下がいいとか、
観念的なことを考えてしまいます。
しかし、翔子は心が完全に自由ですから、それが書にとって大きなプラスでした。

あるとき、相模湖で翔子の撮影があって、
多くの方が来てくださり翔子は皆様に名刺を配っていました。
そこに犬が1匹いました。
翔子はその犬にも両手で丁寧に名刺を渡そうとし、周囲は爆笑しましたが、
私はそういう平等感は、素晴らしいなと思いました。

歩いていてついてくる月にも感謝して、家に入るときには「ありがとう」と言います。
犬でも石でも、すべてのものは私たちを感動させてくれるということを
改めて翔子に教えられました。
またある時、翔子が、「お母様、空買って」というので「どこに売っているの?」と聞くと、
翔子は私をある駐車場に連れて行きました。
そこには「空あり」という張り紙がありました。

お金の価値も分からないし、社会の仕組みも分かりませんが、
そういうものに冒されていないだけに欲の無い、
本当に自由な書が書けるのだと思います。
無心の中には何があるかというと、「今」だけです。
目標とか、未来とかではなく、「今」思うことを書に出来る。
翔子は毎日100%の豊穣な時間の中で生きているのです。

ページの先頭へ

ページの先頭へ