テレしず ホーム > テレビ寺子屋 > 僕の人生の恩師

テレビ寺子屋毎週日曜日 午前6時30分~

トップへ戻る

公開録画会場 随時募集中!

全国の放送予定はこちら

  • お知らせ
  • 寺子屋の歩み
  • 次回の寺子屋
  • 講師紹介
  • 過去の放送
  • 会場募集
  • ご意見・ご感想

過去の放送

過去の放送

2010年11月20日放送 宮川大助さん(第1714回)

会場
相良総合センター
講師
漫才師 宮川大助

講師紹介

高校卒業後、会社員を経て芸能界入り。
1979年に妻の花子を誘って「宮川大助・花子」を結成。
花子がしゃべり、大助が相槌を打つスタイルに変更後、大ブレーク。
上方漫才の賞を多数獲得している。


ポイント第1714回「僕の人生の恩師」

私は1950年生まれ、戦後の誰もが貧しい時代で、
小学生の時はいつもお腹を空かせていました。よその家の
ミカンや柿を、黙って食べてしまうこともよくありました。

遊び道具は、小刀で竹を切って道具を作り遊んでいましたが、
ある時、子ども同士の喧嘩で、ついポケットに入っていた小刀を出してしまいました。
噂になり「どうしようもない、悪ガキだ」と有名になってしまいました。

そんな時、5年、6年の担任になったのが女性の岡田先生です。
相変わらず、悪ガキでしたので、母親は毎日のように学校に謝りに来ていました。
岡田先生は「物事をよく知っていて、考えもしっかりしている、いいお母さんね。
もっと話をしたら」と言うのです。そう言われると素敵な母親だなと思うようになりました。

勉強も全くしませんでしたが、岡田先生が突然「一緒に勉強しようか」と言いました。
授業が終わった後、私一人を残し、勉強の仕方や基礎を、
暗くなって字が見えなくなるまで教えてくれました。
6年生の時には、先生のお陰で成績は良くなっていました。

卒業式の時です。
母も出席していましたが、学校を出る時、先生たちは校門まで見送りに出ていました。
すると、突然母親が岡田先生の前で土下座をしたのです。
「手に負えない息子の面倒を本当に良く見てくれた。ありがとうございました」と。

後で聞いた話ですが、母が相談に行った時、
先生が「本当は素直ないいお子さんです。私に任せてください」と言ってくれたそうです。



ページの先頭へ

ページの先頭へ