テレしず ホーム > テレビ寺子屋 > 人間関係で悩まなくなる宇宙の法則

テレビ寺子屋毎週日曜日 午前6時30分~

トップへ戻る

公開録画会場 随時募集中!

全国の放送予定はこちら

  • お知らせ
  • 寺子屋の歩み
  • 次回の寺子屋
  • 講師紹介
  • 過去の放送
  • 会場募集
  • ご意見・ご感想

過去の放送

過去の放送

2018年4月 1日放送 山﨑洋実さん(第2075回)

会場
相良総合センター い~ら(牧之原市)
講師
ライフコミュニケーションコーチ 山﨑洋実

講師紹介

1971年静岡県生まれ。コーチングを学び、
ママ友達向けに「ママのイキイキ応援プログラム」を始める。
ママの特徴に合わせ豊富な事例を用いた講座が
クチコミで評判となり、全国各地で活躍している。

番組で紹介した本

「戦わないコミュニケーション  苦手な人が気にならなくなる本」 著:山﨑洋実(日経BP社)

ポイント第2075回「人間関係で悩まなくなる宇宙の法則」

私は子育て世代のお母さんを対象にコーチングの仕事を始めました。

また最近では、企業向けに社会人対象のコーチングもしています。

そこで感じたのは、「人の悩みはお母さんも企業に勤めている人も皆同じだ」という事です。

人の悩みは大きく分けると三つに分かれます。

「お金」「健康」そして「人間関係」です。

この「人間関係」の悩みは一番大きく、どこにいても起こります。

「人間関係」の悩みに深く関わる「コミュニケーション」について考えてみましょう。

「コミュニケーション」には二つの種類があります。

まず「自分と相手の関係」、つまり他人との関わり方です。

そしてもう一つは「自分と自分の関係」、つまり自分自身を理解し、

自分とうまく付き合っているかどうかという事です。

私のコーチング講座を受けに来た女性の話を例にお話しします。

受講生を仮にAさんとしましょう。

講座の後、Aさんを含めた数人でランチに行きました。

注文は全員、ラーメンと半炒飯セットでした。

Aさんはパートで働いているのですが、

同僚のB君の事が嫌いで嫌いで仕方がありません。

皆で食事をしている時も、AさんはずっとB君の悪口を言っていました。

そのため皆がラーメンと炒飯を食べ終わっても、

Aさんの前にだけ手つかずの炒飯が残っていました。

私はそれを見てAさんに言いました。

「AさんはB君に対する不満を言っている間に、炒飯を食べ損ねたよね。

今この空間にB君はいないのに、炒飯を食べる時間をB君に奪われたんだよ。」と。

それを聞いてAさんはまたB君に対する怒りが込み上げてきました。

Aさんは一日に何皿分の炒飯を食べる時間を奪われているのでしょう?

苦手な人にとらわれて自分の時間を失ってしまうのは勿体ない事ですよね。

これらの問題は、自分が他人とどう向き合うか、

そして自分がどんな人間であるかを理解する事が解決の糸口になります。

今日は、人間関係に悩まなくても済む法則を皆さんにお伝えしたいと思います。

ページの先頭へ

ページの先頭へ