テレビ寺子屋毎週日曜日 午前6時30分~

トップへ戻る

公開録画会場 随時募集中!

全国の放送予定はこちら

  • お知らせ
  • 寺子屋の歩み
  • 次回の寺子屋
  • 講師紹介
  • 過去の放送
  • 会場募集
  • ご意見・ご感想

過去の放送

過去の放送

2011年4月16日放送 相田一人さん(第1733回)

会場
三島市生涯学習センター
講師
相田みつを美術館館長 相田一人

講師紹介

1955年栃木県生まれ。相田みつをの長男。
東京国際フォーラムにある「相田みつを美術館」館長。
現在、美術館業務の傍ら、
全国各地での講演活動や執筆活動を行っている。


ポイント第1733回「ある日自分へ」

相田みつを美術館には、全国から老若男女多くの人が訪ねてきます。
先日、18歳という女子学生が私に声を掛けてきました。
「両親を尊敬しているが、色々言われるとつい反発してしまう。
でも、ここで相田みつをさんの作品にふれると、
なるほどなと思う」と話してくれました。
この事は、父の作品の特徴であり、秘密だと思います。
「ある日自分へ」という作品があります。

 『おまえさんな
 いま一体何が一番欲しい
 あれもこれもじゃだめだよ 
 いのちがけでほしいものを 
 ただ一ツに的を
しぼって言ってみな』
                   
厳しくもあり、ユーモアもある作品ですが、
「ある日自分へ」という言葉は、父のすべての作品の
サブタイトルとしてつけてもいいと私は考えています。
父の有名な作品
『つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの』
『しあわせはいつもじぶんのこころがきめる』
これらの作品の前に、「ある日自分へ」という言葉をつけても、
違和感はないと思います。

父は作品を書く以上、見て下さる皆さんに向けて
書いているのは間違いありませんが、
実は、自分に向けても書いていると私は考えています。
相田みつをが、相田みつをに問いかけているのです。
自分に向けて、言葉を書くという事は、自分の心を覗き込まなくては書けません。
自分と対話すると、いい事ばかりが見えてくるとは限りません。
    
人に見せたくない、知られたくない、恥ずかしくて、嫌な面は
だれにもたくさんあります。
それを隠してしまうと、本当の意味で自分に向けての言葉は書けないと思います。

ページの先頭へ

ページの先頭へ