テレしず ホーム > テレビ寺子屋 > みつをの言葉力

テレビ寺子屋毎週日曜日 午前6時30分~

トップへ戻る

公開録画会場 随時募集中!

全国の放送予定はこちら

  • お知らせ
  • 寺子屋の歩み
  • 次回の寺子屋
  • 講師紹介
  • 過去の放送
  • 会場募集
  • ご意見・ご感想

過去の放送

過去の放送

2020年3月 8日放送 相田一人さん(第2169回)

会場
麁玉小学校(浜松市)
講師
相田みつを美術館館長 相田一人

講師紹介

1955年栃木県生まれ。相田みつをの長男。
東京国際フォーラムにある「相田みつを美術館」館長。
現在、美術館業務の傍ら、
全国各地での講演活動や執筆活動を行っている。


ポイント第2169回「みつをの言葉力」

先日、五十代くらいのご婦人のグループが美術館に来館されました。

その中の一人が、目を真っ赤にして泣いていました。

びっくりした私は、「どうされたのですか?」と聞きました。

するとその方は、「みつをさんの言葉は、当たり前のことばかりですが、

なぜか見ているうちに目頭が熱くなり、涙が止まらないのです。」と答えられました。

来館者のアンケート用紙にも、

「相田みつをの言葉は、当たり前の事しか書いてないですね。」

という内容をよく目にします。先ほどのご婦人の言葉もそうですが、

この「当たり前」とは、どういうことなのでしょうか。

父の作品には「言葉力(ことばぢから)」があるのだと私は思います。

父の「言葉」は、一見単純で、誰でも分かりそうな平易な表現ですが、

その裏には深く、色んなものが隠されているのです。

ひとつ、父の作品を紹介します。

苦しい時だってあるさ 人間だもの

迷うことだってあるさ 凡夫だもの

あやまちだってあるさ 俺だもの


これは、父が三十代半ばの若い頃の作品です。

この作品が、二十数年経つと、次の様に、内容が若干、変わってきます。

くるしいことだってあるさ 人間だもの

まようときだってあるさ 凡夫だもの

あやまちだってあるよ おれだもの

お気付きですか?

「あやまちだってあるさ」が「あるよ」と、「さ」が「よ」に変わっています。

つまり三十代の作品は、肩で風を切って歩いているような、得意げな作風なのですが、

後年に書かれた作品では語尾が「あるよ」となり、謙虚とも受け取れるように変化しました。

父は、いつも夜遅くまで、作品を推敲していました。

ひとつの文字がいかに大きく作品を左右するか、

言い換えれば「言葉」がいかに大きな「力」を持っているか、

という父のこだわりだったと思います。

今日は、父の作品を紹介しながら、「みつをの言葉力」についてお話しします。

ページの先頭へ

ページの先頭へ