テレしず ホーム > テレビ寺子屋 > もう一度届けたいメッセージ ~動物が教えてくれたこと~

テレビ寺子屋毎週日曜日 午前6時30分~

トップへ戻る

公開録画会場 随時募集中!

全国の放送予定はこちら

  • お知らせ
  • 寺子屋の歩み
  • 次回の寺子屋
  • 講師紹介
  • 過去の放送
  • 会場募集
  • ご意見・ご感想

過去の放送

過去の放送

2020年7月26日放送 小菅正夫さん(第2189回)

会場
テレビ静岡(静岡市)
講師
札幌市円山動物園参与 旭山動物園元園長 小菅正夫

講師紹介

1948年北海道生まれ。
北海道大学獣医学部卒業後、旭川市旭山動物園に獣医師として勤務。
飼育係長、副園長を経て1995年園長に就任。
現在は札幌市環境局参与円山動物園担当。


ポイント第2189回「もう一度届けたいメッセージ ~動物が教えてくれたこと~」

【オランウータンの子育て】

リアンというメスのオランウータンがいました。

リアンは台北の動物園で生まれて、若い頃、旭山動物園に来ました。


広島からオスを連れてきて繁殖を試み、赤ちゃんが生まれました。

ところが、リアンはヘソの緒が付いたままの赤ちゃんを放置して、

おっぱいをあげませんでした。

出産を理解できず、パニック状態だったのです。

ここからが飼育係の頑張りどころでした。

リアンのおっぱいに赤ちゃんをつけ、三日三晩、一緒に過ごしました。

すると、リアンは突然赤ちゃんを抱いて、自分のベッドに連れて行きました。

母性本能にスイッチが入ったのです。

「親が子を抱き、おっぱいをあげる」ということを、やっと理解したのです。


リアンの2回目の出産は、お客さんの前でした。

今度は見事に親の仕事をこなし、その様子を最初に生まれた子が必死に見ていました。

実は、リアン自身は末っ子で、子育てを学習する機会がなかったのです。

よく子育ては本能だといわれますが、実は本能ではなく、学ぶ機会が必要だったのです。


【オオカミの絆】

私が旭山動物園に着任した時、ジョンとリカというオオカミの夫婦がいました。

あるときメスのリカにがんが見つかりました。

すでに手遅れで、3度目の入院の時に死んでしまいました。

するとオスのジョンは、リカの小屋の前で座り込み、ずっと動きません。

その後、食欲もなくなり、とうとう立てなくなってしまいました。

しかし検査をしてもどこも悪くありません。


こうした中、飼育係が留守をすることになり、その間、私が看ることになりました。

点滴をしたり寝返りをさせたりして3日が過ぎました。

このとき既にジョンは息をする以外、何も反応がない厳しい状態でした。

3日後に飼育係が戻り、彼が「ジョン」と声をかけると、

ジョンは耳をピクリと動かして、必死になって上体を起こし、

やがて「ウォーン」という声を出してそのまま息を引き取りました。

オオカミは、夫婦が愛情で結ばれ、

人間とも心を通わせることが出来る数少ない動物なのです。

ページの先頭へ

ページの先頭へ