テレしず ホーム > テレビ寺子屋 > ストレスから学ぶ 心の整え方

テレビ寺子屋毎週日曜日 午前6時30分~

トップへ戻る

公開録画会場 随時募集中!

全国の放送予定はこちら

  • お知らせ
  • 寺子屋の歩み
  • 次回の寺子屋
  • 講師紹介
  • 過去の放送
  • 会場募集
  • ご意見・ご感想

過去の放送

過去の放送

2021年5月 9日放送 田中ウルヴェ京さん(第2229回)

会場
裾野市生涯学習センター(裾野市)
講師
メンタルトレーニング上級指導士 田中ウルヴェ京

講師紹介

1967年生まれ。
ソウル五輪シンクロ・デュエットで銅メダルを獲得。
米国の大学院で心理学を学ぶ。
日本代表チームやトップアスリートに加え、
広く一般にメンタルトレーニングや研修を行う。


ポイント第2229回「ストレスから学ぶ 心の整え方」

ストレスというと嫌な言葉に聞こえますが、

私たちが日々生活している中でほんの些細なちょっとしたストレスはいくらでもあります。

また人生の一大事や、人生の価値観が全く変わってしまうような出来事、これもストレスです。

私たちが一番ストレスを感じるのは生命が危ぶまれる時です。

今回の新型コロナウイルスもこれに当てはまると思います。

ストレスはたくさんあります。

ただストレスを感じている自分にストレスを感じないでください。

「こんなことで不安になってはダメ、これくらいで落ち込んではダメ!」

そんな風に考えないでください。

新型コロナは、よくわからないウイルスだから

「それは不安になるでしょう。イライラするし落ち込みもする。体も疲れてしまう。」

「それはそうだよね。」

が最初です。

私たちにはいろいろな感情があります。

怒り、焦り、不安に緊張...どれも生きるために必要な感情です。

だからその感情に気づいていいのです。

落ち込んだ経験がある人は落ち着くことの大事さがわかります。

自分の感情を意識するだけで、

コントロールできない一大事を必要以上に意識しなくて済みます。

これは基本的な心の整え方です。


感情に気づけるようになると、もう一歩、自分自身の心に踏み込むことができます。

そして、「なぜその感情が起きるのか?」

「自分の中になぜ怒りが生まれるのか?」と考えられるようになります。

『目の前の物事をどのように捉えているかによって感情が変わる』

ということに気付けるからです。


自分の考え方の枠組みを変えるのが『リフレーミング』です。

例えば大事な試合の前にケガをすることがあります。

この選手は「もうすべて終わった」と表現されることがあります。

その時は何の感情も出せません。

でも本当に大事なものを失った時、次にその人が始めることは

「いますべてを失った自分はどう感じているのだろう?」

と感情の仕分けをすることです。

するとだんだん違うフレームで事実をみるようになります。

ケガをした事実は変えられない、でもすべてが終わった訳ではない。

この怒り、焦り、無念や悔しさ、といったエネルギーを明日の何に変えられるだろうか?

そうなるまでに10年近くかかることもありますが、

結果的にケガをして良かったと思える人もいます。

これはスポーツ選手に限ったことではないと思います。

自分の感情や考え方に気づくことが心を整えるきっかけになります。

ページの先頭へ

ページの先頭へ