テレしず ホーム > テレビ寺子屋 > 子どもたちの心は、今

テレビ寺子屋毎週日曜日 午前6時30分~

トップへ戻る

公開録画会場 随時募集中!

全国の放送予定はこちら

  • お知らせ
  • 寺子屋の歩み
  • 次回の寺子屋
  • 講師紹介
  • 過去の放送
  • 会場募集
  • ご意見・ご感想

過去の放送

過去の放送

2008年3月 1日放送 尾木直樹さん(第1574回)

会場
千浜農村環境改善センター(掛川市)
講師
教育評論家 尾木直樹

講師紹介

1947年滋賀県生まれ。
早稲田大学卒業後、
教師として22年間子どもを主役とした教育を実践。
現在は、法政大学・教育センター長、
早稲田大学大学院客員教授、
臨床教育研究所「虹」所長。


ポイント第1574回「子どもたちの心は、今」

2006年の学生・生徒の自殺者数は886人と発表されました。また、その背後には10倍の未遂者がいるとも言われます。なぜ今、子どもたちがこのような事態に追い込まれているのか考えてみたいと思います。

先日、ユニセフからOECD加盟国を対象に行った『「孤独を感じる」と答えた15歳の割合』の調査結果が発表されました。これは、うつ的な傾向があるかどうかの一つの指標ですが、多くの国が5〜10%の割合なのに対し、日本は29.8%という突出した結果だったのです。国内でも同様の調査が行われ、この結果を裏付けるように、中学校1年生で10.7%が抑うつ傾向にあると診断されました。私たちの想像を超えて、子どもたちの心は病んでしまっているのです。

この原因の一つには、学力プレッシャーがあると思います。塾通いに追われ、競争が第一の勉強では子どもたちの心を追い詰めるばかりです。そして、もう一つが友達関係でのストレス、「いじめ」です。2006年度のいじめの件数は12万5千件で前年度の6倍と言われています。これだけ急増したのは、文部科学省がいじめの定義を変更し、熱心に子どもたちに聞き取り調査をした結果で、決して恥ずべきものではないと思います。

私たち大人は子どもたちのこの現実に地域や学校など一体となって考えていく必要があるのではないでしょうか。

ページの先頭へ

ページの先頭へ