テレしず ホーム > テレビ寺子屋 > 学力をあげるポイント

テレビ寺子屋毎週日曜日 午前6時30分~

トップへ戻る

公開録画会場 随時募集中!

全国の放送予定はこちら

  • お知らせ
  • 寺子屋の歩み
  • 次回の寺子屋
  • 講師紹介
  • 過去の放送
  • 会場募集
  • ご意見・ご感想

過去の放送

過去の放送

2010年9月25日放送 尾木直樹さん(第1706回)

会場
静岡市清水ふれあいホール
講師
教育評論家 尾木直樹

講師紹介

1947年滋賀県生まれ。
早稲田大学卒業後、
教師として22年間子どもを主役とした教育を実践。
現在は、法政大学・教育センター長、
早稲田大学大学院客員教授、
臨床教育研究所「虹」所長。

番組で紹介した本

「子ども格差―壊れる子どもと教育現場」
著:尾木直樹
発行:角川ONEテーマ21(税込740円)


ポイント第1706回「学力をあげるポイント 」

学力を身につけるには、
予習復習が大事だと言われていますが、
どちらを重視したら、よりお子さんが伸びると思いますか。

今の時代は復習が大事だと言われています。
日本の教科書は体系的にできており、順を追って理解するようになっています。
ですから、今日学んだ事をしっかり復習して理解しておけば、先にいきやすいのです。
かつて、私達の時代は予習をしなさいと言われていました。
確かに予習をしていくと、授業はわかり易いのですが、そこで安心してしまうのです。
22年間、教師をしていた経験から、予習だけでは早合点で、
理解が浅くなってしまうことがあります。

来年から大きく教科書が変わり、復習がメインの作りになります。
ゆとり教育でカットされていた部分が復活して厚くなりますが、
それだけではなく、子ども達の興味、関心が沸くように、
立体画が使われているなど、楽しい読み物になっています。
練習問題も増えており、自宅で復習するのが楽しくなるような作りになっています。
復習は早ければ早いほど、身につきます。
皆さんも、時間が経てば経つほど、忘れてしまいませんか。

学力をあげる上で大切な事は、成功体験です。
目標を目指してがんばろうと言いますが、
目標を達成してから、さらに伸びた子をたくさん知っています。
サッカーワールドカップの日本もそうです。
大会前の国際試合で負け続けていましたが、カメルーン戦に勝ったことでガラリとかわりました。
本田選手が「一つ勝って、チームが変わった」と言っていましたね。

ページの先頭へ

ページの先頭へ