テレしず ホーム > テレビ寺子屋 > 子育てに役立つメンタルトレーニング

テレビ寺子屋毎週日曜日 午前6時30分~

トップへ戻る

公開録画会場 随時募集中!

全国の放送予定はこちら

  • お知らせ
  • 寺子屋の歩み
  • 次回の寺子屋
  • 講師紹介
  • 過去の放送
  • 会場募集
  • ご意見・ご感想

過去の放送

過去の放送

2020年1月19日放送 田中ウルヴェ京さん(第2162回)

会場
沼津市民文化センター(沼津市)
講師
メンタルトレーニング上級指導士 田中ウルヴェ京

講師紹介

1967年生まれ。
ソウル五輪シンクロ・デュエットで銅メダルを獲得。
米国の大学院で心理学を学ぶ。
日本代表チームやトップアスリートに加え、
広く一般にメンタルトレーニングや研修を行う。


ポイント第2162回「子育てに役立つメンタルトレーニング」

私には、二人の子どもがいます。長男は20才、長女は17才になりました。

二人を育て始めた頃、子育てには「資格」というものがないので、私は大変戸惑いました。

何が正しいのかも分からず、毎日ストレスの連続だったと、今でもはっきり覚えています。

しかし、その頃、幸いにも私はスポーツ心理学を学んでいたので、

それを子育てに応用できないかと考えました。

そして私なりに実践してみました。


子育てには、大きく分けて3つの大切な事があると思います。

まずは、子どもの周りにいる大人、

つまりお父さんやお母さん、あるいはおじいちゃんやおばあちゃんが、

子どもの「セキュアベース」になろうという考え方です。

日本語でいうと「安全基地」という意味です。

例えば、子どもが幼稚園や学校から家に帰って来た時、

「家は安全だな、安心だな。」と感じる事です。

勿論、帰る家がある事自体が生活の面でまず安心なのですが、

ここでの「安全基地」とは「心の面での安全、安心」という意味です。


そして2つ目に大切なのは、

「安心」は人間の「感情」の一部分を指すのだと理解する事です。

人がどんな感情になっているかを考える時、4つのゾーンに分けて考える理論があります。

横軸は、プラスの感情なのか、マイナスの感情なのか。

縦軸は、心臓がドキドキしているかどうか。

つまり、交感神経が働いているか、副交感神経が働いているかの違いです。


まず、心臓がドキドキしている時ですが、

それがプラスに働いている時は「楽しい」というゾーンになります。

心臓がドキドキしていてマイナスに働いている時は「怒り」とか「焦り」の感情です。


次に、心臓がドキドキしていない時。

プラスの場合は「安心」とか「落ち着く」と言った感情です。

マイナスに働いている時は「悲しい」とか「落ちこみ」といったゾーンになります。

この4つの感情のゾーンを理解する事が大切です。


周りの大人が「安全基地」になり、子どもをどの感情のゾーンに導けば良いのか、

それは「安心」「落ち着く」というゾーンです。

そのためには、3つ目の大切な事があります。

私自身の経験も交えながら、子育てに役立つメンタルトレーニングについて、

皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

ページの先頭へ

ページの先頭へ