テレしず ホーム > テレビ寺子屋 > あたらしい門出

テレビ寺子屋毎週日曜日 午前6時30分~

トップへ戻る

公開録画会場 随時募集中!

全国の放送予定はこちら

  • お知らせ
  • 寺子屋の歩み
  • 次回の寺子屋
  • 講師紹介
  • 過去の放送
  • 会場募集
  • ご意見・ご感想

過去の放送

過去の放送

2020年2月23日放送 相田一人さん(第2167回)

会場
麁玉小学校(浜松市)
講師
相田みつを美術館館長 相田一人

講師紹介

1955年栃木県生まれ。相田みつをの長男。
東京国際フォーラムにある「相田みつを美術館」館長。
現在、美術館業務の傍ら、
全国各地での講演活動や執筆活動を行っている。


ポイント第2167回「あたらしい門出」

私の父、相田みつをは、29歳で母と結婚しました。

そして翌年に私が、その四年後に妹が産まれました。

父は、「自分の筆一本で一家四人の生活を支える。」と母に宣言したそうです。

弟子は取らない、副業もしない、

自分の個展を開き、そこで売れた作品の収入で生活をしていました。

しかし、作品がそんなに多く売れる事もなく、苦しい時代が長く続いたそうです。

そんな中、最も生活が苦しかったのは、父が30代半ば頃でした。

次に紹介する「あたらしい門出」という作品は、その頃制作されたものです。

あたらしい門出をする者には

新しい道がひらける


この作品には、父のある思いが込められていると思います。

父は、書の作品を制作する時、何枚も何枚も書き、

その中で一点だけ、最終的な作品として世に送り出していました。

ろうけつ染めも同じです。

何度も染め、自分が納得する色が出るまで繰り返していました。

なぜ父が、ろうけつ染めの作品を手掛けたかというと、

染色の技術に関心があったのと、書の作品は、あまり売れなかったのですが、

ろうけつ染めの作品は、若干多く売れたからだそうです。

それは、暖簾や風呂敷などの実用品としても重宝されたからです。

例えば、暖簾を作って欲しいと商店から依頼があると、

納品日ギリギリまで、ろうけつ染めを繰り返していました。

父の思い通りの色が出るまで、世を徹して染めていたのです。

納得した作品ができ上がると、朝方まで隣で待っていた母が、

足踏みミシンで暖簾に仕上げ、商店に納品していました。

私は、両親が苦労して育ててくれた事を、そのミシンの音で覚えています。

父は67歳で亡くなりましたが、その短い人生の中で書体や作風は変化しています。

そこに込められた父の思いについて、いくつか作品を紹介しながらお話したいと思います。

ページの先頭へ

ページの先頭へ