トップへ戻るドレみ~る 毎週月曜日~金曜日 ただいま!テレビ内で不定期放送

出演:小倉彩瑛(テレビ静岡アナウンサー)

番組案内

イップス

イップス ドラマ・映画

6/21(金)21時00分から

出演者篠原涼子 バカリズム

篠原涼子×バカリズムW主演で初共演!"書けなくなった"ミステリー作家と"解けなくなった"エリート刑事の"絶不調バディ"が事件を解決するミステリーコメディー!

オフィシャルサイトへ

「イップス」#11

事務員・久保碧(祷キララ)が自宅アパートで死亡しているのが発見される。ジャーナリスト・新正誠(野村周平)が撮っていた写真に黒羽慧(染谷将太)と碧が接触する姿が映っており、胸騒ぎを感じた森野徹(バカリズム)は碧の保護を指示するも、警察の到着前に碧は胸に十字架が刺さった状態で殺されていた。遺体の上には犯行声明文があり「8年前湯上幸を殺したのは私だ」と記されていた。久保碧という名は、黒羽ミコ(篠原涼子)が書いた小説『歪な十字架』の中で、殺害される登場人物と同姓同名。犯行の手口から8年前の"歪な十字架模倣事件"と同一犯で間違いがなさそうだが、当時は声明文がなかったことに不審を抱く森野。そんな森野の横で、後輩刑事の樋口一之(矢本悠馬)は「犯人は8年前の犯行時に自分ではなく異口治(モロ師岡)が犯人として逮捕されたことで悔しくなり、アピールしたくなったのではないか」と推察する。  

森野は以前から情報を知りすぎていた慧のことを疑っていた。ミコに連絡を取り慧の居場所を尋ねると「今夜慧を食事に誘ったから会うかもしれない」と教えられ、森野たちはミコの実家へと急ぐ。森野たちは殺された久保碧という女性について、そして碧と慧には接点があったことをミコに伝える。さらに森野は「黒羽慧を容疑者として追っている」と明かす。当然ながら慧をかばうミコだったが、森野と話している最中に家の中で何かを見つけてしまい...。

「イップス」#1

ミステリー作家・黒羽ミコ(篠原涼子)と警視庁捜査一課刑事の森野徹(バカリズム)は、心理的な葛藤やプレッシャーで、できていたことが急にできなくなる症状="イップス"という同じ悩みを抱えていた。

デビュー作からベストセラーを連発するも、ネタ切れでもう5年もの間新作が書けていないミコ。その傍ら、持ち前の会話術と洞察力を武器に情報番組のコメンテーター業などをこなしていたが、そのせいで本業がさらに片手間になっていた。5年前に出した小説はSNS上で「トリックがダサい」と叩かれ、コメンテーター業の方でも「なんにでもクビつっこむんじゃねえ」と叩かれ、イライラが募る日々を送っている。

一方の森野は、かつてはエリートとして組織内でも一目置かれる存在ながら、ある出来事をきっかけに事件を解けなくなっていた。実はミコの作品の大ファンだったが、最新作の完成度が低く、コメンテーター業ばかりで新作を出さないミコにいら立ちを募らせ『ノモリ』なるアカウントで「トリックがダサい」とSNSにアンチコメントを書き込む。

そんなミコと森野が元アイドルという経歴を持つ人気熱波師・電撃ウィッチ麻尋(トリンドル玲奈)がプロデュースするサウナ施設で出会う。ところがその施設で、反社組織の竹内渉(山口大地)の死体が見つかる。ミコは「生の死体見るの初めて」とテンションが上がる一方、森野は事件に遭遇したことでイップスの症状が出てしまい...。

  • 月
  • 火
  • 水
  • 木
  • 金
  • 土
  • 日
  • すべて
  • 小倉彩瑛のONE DAY
  • ドレみ~る通信
  • テレシーズLINEスタンプ
  • Web会員募集
ページの先頭へ