ハイ!し~ず テレしず

番組表
ご意見・ご感想

288 ママブログ

13.02.15 Fri | author:くさデカスタッフ

こんにちは。

 

大洋です。

 

今週の放送は、曽根さんがママになって帰ってきました「ギャル曽根のおかえりSP」です!

 

ということで、今週はくさデカスタッフ唯一のママ、

3歳と5歳になるお子様をお持ちの

デスク村井さんに聞いた離乳食のイロハをご紹介!

 

どうぞ!

 

ポイント①

村井ママ「赤ちゃんは敏感!」

 

口の中のものをそのまま飲み込んでしまう赤ちゃん。

離乳食は、出来るだけなめらかで舌ざわりがいいことが重要とのこと。

 

敏感な赤ちゃんは、ちょっとしたざらつきも

違和感となっていやがってしまうそうです。

 

☆村井ママのワンポイントアドバイス☆

「そんなときは、無理せず2〜3日おいて、もっとなめらかにして与えてみましょう!」

 

ポイント②

村井ママ「基本は5倍がゆ〜10倍がゆ!」


お米は赤ちゃんの未発達な腸にやさしく、

アレルギーも起こしにくい食品だそうです。

 

スタートして1週間は米がゆのみ、

2週間目くらいから少しずつ野菜などをプラスしていきます。

 

この時期は5倍がゆ(ごはん1、水5の割合)~10倍がゆを作り、

こしてから与えるのが良いとのこと。

 

ちなみに生後一か月くらいは重湯やスープ、それに慣れてきたら10倍がゆ、5倍がゆ~

という流れが良いそうです!

 

☆村井ママのワンポイントアドバイス☆

「食べぐあいやうんちの様子を見て、水分を加減しましょう!」

 

ポイント③

村井ママ「原則として味つけはしない!」


塩分は赤ちゃんの腎臓に負担をかけるため、

この時期の赤ちゃんの離乳食に味つけは不要なんだとか。

 

1歳になってもなるべく控えた方がいいそうです。

 

塩分の目安は大人の1/4で、

赤ちゃんにとっては、だしや素材そのものの味だけで十分なんですって。

 

☆村井ママのワンポイントアドバイス☆

「さばなどの青背の魚、えびやかになどの甲殻類、お肉、牛乳などはアレルギーが出やすいので注意が必要!」

 

 

 

なるほど村井さん勉強になりました。

BBK姉さんもマチルダDもフムフムなお話でした!

 

次回(未定)は村井さんのお手製ママ料理をご紹介!

 

 

 

gaosone.JPG

今週の放送もお楽しみに!

 

  

ページの先頭へ